ハウスダストにも効果があるアレグラは薬局で販売

鼻水や鼻づまり、くしゃみといったアレルギー性鼻炎の原因としては、花粉がアレルゲンとなる花粉症が有名ですが、ハウスダストなどがアレルゲンとなる通年性アレルギー性鼻炎の患者さんも日本には多くいます。
ハウスダストやダニのフン、ペットのフケなどが原因の通年性アレルギー性鼻炎は季節によって症状の出方に強弱があるものの、一年中鼻炎に悩まされていることもあり、苦労する病気と言えます。
そんな通年性アレルギー性鼻炎の症状を抑えるための薬としては、花粉症の薬として有名なアレグラなどが使えます。
アレグラはアレルギー科や皮膚科、耳鼻科などでも処方されているアレルギー治療用の薬で、フェキソフェナジン塩酸塩を有効成分としており、1日に2回服用することでつらい鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの改善が期待出来ます。
アレグラの良い所は、脳に入りにくい特徴があり、眠くなりにくいことや、集中力が低下する副作用が起こりにくい所です。
また、アレグラは医療機関で処方されているものとほぼ同じ薬が、薬局やドラッグストアで販売されていることも便利なポイントと言えます。
鼻水や鼻づまりなどの症状が長く治らない人は、一度アレルギー科などで何が原因の鼻炎かを調べてもらうのがおすすめですが、もしもハウスダストなどが原因であれば、病院でアレグラなどの抗ヒスタミン薬を処方してもらう他に、薬局でアレグラを買って飲むことでも症状を軽減出来るため、忙しくて病院に行く時間が取りにくい人にも治療がしやすくなります。
ハウスダストなどが原因の通年性アレルギー性鼻炎は、花粉症のように季節が終われば症状が出なくなるわけではないので、症状がひどくなってきた時に薬局で販売している薬を買って対応出来るというのは便利と言えるでしょう。
アレグラは第1類医薬品となり、販売してもらう時には薬剤師に説明を受ける必要がありますので、疑問があればその時に質問すると良いでしょう。

ページトップへ