アレグラは添付文書を読みショック症状には注意を

アレグラを使用するくらいの方だともともとアレルギーには弱い体質であることが考えられます。アレルギーというと、花粉や食品によって引き起こされるイメージがあるかもしれません。最近では、とくにアレルギー症状が大きいアナフィラキシーショックという言葉もよく聞かれます。この場合には、重症化してしまい命にもかかわってくることがあるので軽く考えるのは禁物です。
さらに、こういった症状を引き起こすのは食品などだけではなく、アレグラのような薬剤でも十分に起こりうることなので、注意が必要です。
添付文書にも書いてあるとおり、異変が感じられたらただちに服用をやめて、医者にかかることをおすすめします。
アナフィラキシーショックで起こる症状には、おもに次のようなものがあります。まず全身にじんましんがでる、そして喘息、嘔吐、動悸がする、さらには血圧が低下してしまうので意識レベルも下がっていきます。そして呼吸もしにくくなります。これらの症状が二つ以上同時に起こってしまうと、それは分類上アナフィラキシーショックといえます。
もとからアレルギー体質がひどく、気を付けておかなければならない食品があるときには、アナフィラキシーショックが起きたときに打つべき注射をいつも持っていたりするものですが、アレグラのような薬剤で症状が起こってしまうときには対処に困ることもあります。
とにかく急にカラダを動かすのはひかえて、とにかく安静を保つことが第一です。嘔吐の症状が強い場合には器官がふさがれて窒息をおこさないように顔を横向けにしておくことも重要です。もしも可能ならばすぐに病院へ運ぶのが理想的ですが、それが無理なら救急車を呼ぶのもひとつの方法でしょう。

ページトップへ